甲状腺 (喉頭) の手術を受けた後に声が出し辛い方へ【緊急案件】

これまで、甲状腺の手術後の声の出し辛さは、反回神経の切断による確定的な筋運動の阻害を除き、縫合などによる癒着が原因とされてきました。

 

多くの術後の様子を観察した結果、癒着はもちろんですが、それに伴う発声関与筋のアンバランスや拘縮も要因だとわかってきました。

 

実際、癒着部位ではなく、アンバランスや拘縮の部位を探り出し、ボイスケアアプローチでストレッチを行い、その後、発声運動の向上を目指す筋トレを行った結果、かなりの改善がみられました。

 

また、術後、患部が安定した直後から施術を開始すると、「声が出し辛い」と訴える方は皆無でした。

 

よって、可能な限り早い対処が望まれますので、甲状腺の手術を受けた方は、予約時に紹介者を要しないこととします。

 

過去に、甲状腺専門の伊藤病院でボイスケアの講義をさせていただきました。

 

わたしの低次元な意見にも耳を傾けてくださる伊藤公一先生は、真に素晴らしい医師だと存じます。

 

 

 

※喉頭がん手術、下咽頭がん手術、舌がん手術、声帯結節手術、ポリープ様声帯手術なども緊急案件として適応させていただきます。

※声を生業としている方は、手術前の相談も受け付けております。質問・お問い合わせからお尋ねください。

※喉頭周辺筋は複雑かつ繊細なため、完璧な快癒をお約束することはできません。