嚥下摂食アプローチ【ボランティア施術】

各種病気や加齢により、軽度嚥下摂食困難になってしまった方々の改善を目指し、ボランティアで施術を行っています。

 

主に、嚥下摂食関連筋の検査、嚥下摂食用ストレッチ&筋トレを実施します。

 

過去にも嚥下摂食用の施術を行っていましたが、この数年で、手指の触知能力と施術技能が格段に向上し、以前よりお役に立てるケースも増えてきました。

 

もちろん、施術したところで、残念ながら、何も変わらないケースも多々あります。

 

しかし、ボランティア活動の一環として、無償でご提供させていただきますので、一度、チャレンジされるのもよろしいかと。

 

詳細は、専用の施術場所を確保できましたら、発表いたしますので、しばらくお待ちください。

重要なお願い

礼金や手土産は、一切お断り申し上げます。

少額のお金やお品でも、頂いてしまうと、それはボランティアではなくなってしまいます。

「無償でお役に立ちたい・・・」と願う、わたしの身勝手な希望を成就させていただくため、このような我儘をお聞き届けくださいませ。

ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

嚥下摂食アプローチ【ボランティア施術】が遅れている理由

それは、開催する場所がないからです。

現在のビルは、4階まで急峻な階段。

健常者でも、息が切れ、一苦労。

先日、階段途中で転倒しそうになったと、若者がぼやいていました。

嚥下摂食アプローチを希求されるのは、悩血管疾病罹患者やご高齢の皆さまがほとんど。

よって、現在のボイスケアサロンで開催することができません。

嚥下摂食関与筋の多くは、発声関与筋より深い位置にあるため、該当筋をアプローチするには、独自にアレンジした特殊な二種類のチェアが必要になります。

しかも大きく重い。

簡単には持ち出せません。〔他所で出来ない理由〕

コロナ禍の期間、音声音響研究所で無報酬勤務(所得0円)だったため、唯一借りられたのが、この古いビルの小さな一室。

早々の移転など模索しております。

よって、もうしばらくお待ちください。

ご理解ご容赦のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。