Q&A

 

 

Q1:「 いくらかかるの〔金額〕?」

新規は30,000円(税抜)〔2回に分けてお支払い〕、再来は20,000(税抜)です。一部のオプション(耳力アップなど)を除き、施術内容が変わっても原則この金額です。

 

 

Q2:「プロじゃなくても診てもらえますか?」

はい、大丈夫です。現在、単純に声を良くしたい学生やサラリーマンからTVや舞台で活躍するアーチストまで、大勢お越しになっています。ボイスケアサロンは、プロアマで対応に差を作りません。すべて、声を大切にするひと、歌を愛するひとの味方です。

 

 

Q3:「回数は?」

決まりはありません。アプローチ対象が筋肉であること、個人差が存在すること、そして何を求めるかによっても、回数は異なります。

 

 

Q4:「必ず声が良くなりますか?」

これまで多くの皆さまにご評価いただいておりますが、思い通りの声に達しないケースも多々あります。やはり、曖昧な声や日々変化のある軟部組織が相手だからです。自覚的または他覚的な変化(改善)を認めるのは、実際に施術を続ける中でしかわかりません。施術に最善を尽くしますが、確実に声が良くなるといった約束はできませんので、過度な期待はおやめください。よって、お迷いの場合は、お受けにならない方が良いと思います。

 

 

Q5:「音声障害も診てくれますか?」

声や喉の病気を治す目的の方はお断りしております。なぜなら、当サロンは医療機関〔病院〕ではないから。単純に『発声力を高めたい』『喉のリラクゼーションを受けたい』との目的でしたらOKです。なお、発声関与筋の運動能力をアップさせると、音声障害を乗り越えられる可能性も高まることがわかってきました。もしかすると、お役に立てるかもしれません。

 

 

Q6:「施術を受けるとメジャーな歌手になれますか?」

当サロンでは、喉頭の能力を高めるのが趣旨であり、歌唱のテクニックは教授していません。歌唱技術は、優秀な(あなたの喉を熟知した)音楽教師やボイストレーナーから習ってください。メジャーで活躍するのに必要な条件は、1 喉頭の能力を十分に発揮している、2 相当の歌唱力がある、3 人柄や品格が優備わっている、4 そして『運』がある、などでしょうか。これまで大勢のビッグネームのアーチストの喉と出会ってきましたが、間違いなく全員とも喉頭の能力が素晴らしい状態でした。大歌手になるためにも、まず最初に喉頭をキチンと整備、あるいは、ブラッシュアップすることをおすすめします。

 

 

Q7:「 ボイスケアサロンは医療機関ですか?」

いいえ違います。喉頭周辺をケアして発声能力を高める施術のみ行っています。したがって健康保険は適応せず、施術費も医療控除対象になりません。

 

 

Q8:「30分でこの金額はが高すぎる!」

同様のお叱りを頂戴しますが、この金額でなければ、いまのボイスケアは成立しません。なぜなら、ゼロからの開発に、莫大な時間と労力とお金がかかっているからです。したがって、ご納得いただけない方は、施術をご遠慮ください。信頼してお越しになる方のみ、全精力を傾注して対応させていただきます。

 

 

Q9:「もっと予約枠数を増やしてください」

一枠を貸し切りのマンツーマンで行うため、加えて、ひとり一人に全力のアプローチを提供するため、多くの皆さまをお迎えできません。

 

 

Q10:「声にトラブルがなくても診てもらえますか?」

はい、調子いい喉をさらに良くすることで、1 あらゆる音を自由に出せる、2 エリートのワンランク上の声になる、3 聴く人の心を揺さぶる声になる、4 声に感動力をつけることができる、など(能力向上の可否や早遅の個人差あり)が可能になってきます。また、疲れた喉や声を休める目的のリラクゼーション・アプローチもございます。

 

 

Q11:「頻繁または長期間通っていると、 確認書を提出するよう求められました。 確認書って何ですか? 」

これは、当サロンが医療ではなく、発声能力を高めるものであることを再確認いただく提出文書です。お手数をおかけしますが、ご理解ご承諾のほどお願い申し上げます。

 

 

Q12:「良くなった声を維持するために、ときどき通院してもいいですか?」「5年ぶりなのですが、また伺ってもいいですか?」

もちろんOKです。発声の基礎的な運動性能を獲得した後、ときどき、ボイスメンテナンスや喉および呼吸の筋力アップアプローチをお受けになるのも良いでしょう。年に2~3回お越しになれば、十分に効果があります。

 

 

Q13:「キャンセルはできますか?」

はい、キャンセル料が発生しますが、できます。サロン貸し切りでお一人に時間を費やすため、一日に数名しか施術できません。結果、ごく少人数の予約枠となります。体調不良や急なお仕事など、突然、キャンセルしなければならないこともあると存じますが、あなたのために時間を作ってお待ちしておりますので、キャンセルは極力お控えくださいませ。やむを得ないキャンセルを受け付けております。詳しくはキャンセルポリシーをお読みください。全力で、真剣に、皆さんの声をより良くしたいと考え続けています。

 

 

Q14:「ボイスケアを受けてから歌いにくくなり、なんか違う気がするんですが・・・」

そのように感じる方も少々いらっしゃいます。何が起きたのか理解してください。このように語るほとんどが発声関与筋の硬いひとです。それに伴い 喉頭深奥ポジション の存在や輪状甲状筋関節の動きが少ない。この硬い状態から、ほんの少し柔らかくなるだけで、今まで使いきれていなかった筋肉が動きだしたり、発声力が高まったりします。つまり、本来の声の運動性を取り戻したのですが、それに慣れていないため、違和感を覚えるのです。いわゆる『好転現象』と言っても良いでしょう。例えるなら、長年、調律していないピアノを弾き続けていて、久しぶりに調律したら「むむむ、なんか弾きにくいぞ」と感じるのと同じ。でも、調律後の状態が本来の姿。徐々に声の出しやすさや歌いやすさに慣れるので、ご安心ください。なお、整備不良の喉がお好きな方は、その後のボイスケアを受けずに放置すれば、動きの悪い硬い癖が戻ってくるでしょう。

 

 

Q15:「発声の機能変化は施術ミスではないの?」
ごく稀に「求める声と違った」「むしろ前の声が良かった」「逆に声が出し辛い」「声が低音化した」など、声が変わったことに不満をおっしゃる方がいます。声の機能変化は、その人の本来の声に至ったり、変化した声に追いつかなかったり、好転も暗転も“個人の感覚”によるもので、施術ミスではありません。皆さまは、声の変化を求めお越しになったものであり、そのため、新規のとき、アプローチ後の効果(または結果)に対して、いかなる保証も責任も負わないお約束をさせていただいております。施術を受けて「良かった」と感じる方がほとんどですが、「思い通りではない」と感じる方も若干いらっしゃいます。それゆえ、施術を受ける判断は慎重に。お迷いの場合は、お越しにならないのが賢明かと・・・。
なお、開業以来、施術事故(過誤)はありません。当サロンでは、施術によって器質的な損傷が確認【医師の診断書および事故(過誤)を裏付ける客観的な証明書の提出】された場合は、施術事故(過誤)として、迅速に誠心誠意対応させていただくつもりです。

 

 

Q16:「Is a foreign language all right?」
 I can understand English just slightly, but my conversation isn't skilled.I'd like to explain conversantly from the viewpoint of a kineticist for your better voice treatment.Therefore when you'd come to the voice care salon, please be accompanied by a translator.